JM Ortho は美しい笑顔をサポートします

ホーム>製品情報>バイオスターシステム>バイオスターVII

バイオスターVIIBIOSTAR 7

バイオスターシステム

熱可塑性材料からクリアリテーナーなどの歯科用装置を作製するために用いる、歯科用加圧成形器です。僅か1秒でヒーターが作業温度に達する「即熱ヒーター」を採用しているほか、業界トップクラスの「6気圧」のパワーでプレートを加圧することができ、適合性の良い高精度な成形が可能です。バイオスターに搭載されたスキャナーでバーコードを読み取ることで、加熱温度・加熱時間・冷却時間を自動的に設定できます。

バイオスター

アプライアンスの精度を高める効率的な構造

ヒーター

バイオスターの大きな特徴は、プレートが模型に接する面を加熱できる構造にあります。加圧成形器は加熱性能が非常に重要ですが、温められた面が模型に接地しプレスされることにより、アプライアンスの適合精度を高めています。
もちろんプレート表面だけでなく、ハロゲンヒーターの赤外線加熱により(厚みにかかわらず)プレート全体を加熱することができます。

業界トップクラスの加圧力

チャンバー

バイオスターの加圧力は6気圧です。業界でもトップクラスの高い加圧力により、プレートの模型への密着度をアップしています。
加圧中の様子はチャンバーのガラス窓越しに確認することができます。

便利なバーコードリーダー

バーコードリーダー

プレートまたは箱に印刷されているバーコードを、バイオスター前面にある半円形の板の上に置くと、プレート情報を読み出し、自動的に加熱時間・加熱温度・冷却時間が入力されます。
また、従来のようにマニュアルで3桁のコードを入力することで、加熱時間・加熱温度・冷却時間を設定することも可能です。

大きなカラー液晶パネル

大きなカラー液晶画面

新型の7型では、従来のモノクロ液晶画面から大型のカラー液晶画面に変わりました。スイッチはタッチパネルになっており、触れるだけで操作できます。
現在温度、設定時間、設定温度、残り時間、設定圧力等の情報はもちろんのこと、操作手順、プレート情報、装置の作り方、トラブルシューティングなど多くの情報をカラーで表示します。※言語は英語です

多くの情報を表示

装置製作動画の表示

大きなカラー液晶画面に、装置製作マニュアル・装置製作ビデオ・プレート情報・トラブルシューティングなど多くの情報を表示することができます。今まで紙のマニュアルに書かれていた情報が、器械本体の画面でも見られるようになりました(英文)。

深くなったモデルカップ

モデルカップ

製作したいアプライアンスに合わせて、模型をステンレスペレットに埋没する方法、もしくはモデルプラットフォーム上に置く方法を選ぶことができます。
また、従来型と比べモデルカップが深い構造になったため、マウンティングプレートがついたままの模型を埋没することができるようになりました。

付属品のペレットカバーを使用すると、ステンレスペレットが圧接したプレートに食い込まなくなります。

ステンレスペレット収納用ドロアー

ドロアー

モデルカップから溢れた余分なステンレスペレットは、下に落ちてドロアー(引き出し)に集まるようになっています。
また、模型を埋没する際はドロアーを引き出し、ドロアーからそのままモデルカップへ注ぐことができます。

バイオスター設置に際して

設置場所

バイオスター設置の前に下記をご確認ください。

  • バイオスターの寸法は452(W)×278(D)×248(H)mmですが、背面に100mm以上、左右に50mm以上、高さ500mm以上のスペースをおとりください。
  • バイオスター背面のホース差込口は外径8㎜のエアーホースに適合します。付属品としてエアーホース(2m)がありますので、ホース分岐用の継ぎ手などをご用意ください。長さが足りない場合は、別途耐圧エアーホースをご準備ください。
    ※この時、コンプレッサーからの気圧が6気圧以上確保されることを確認してください
  • 電源コードは3Pプラグです。できるだけ2Pには変換せず、またタコ足配線にはせず直接コンセントに差してご使用ください。

仕様

商品番号 3021
電源 AC100V 50/60Hz
消費電力 750W
圧力 5~6bar
寸法 452(W)×278(D)×248(H)
※奥行278mmは、ヒーターをセットポジションにした時の寸法です。
重量 14kg
付属品 電源コード(3Pプラグ)、フィルター付ホース2m(外径8mm)、ステンレスペレット、ペレットカバー、プレートサンプラー、本体カバー、磁石付き刷毛、シリコーングリース、交換用パッキン

詳細は総合カタログの「バイオスターシステム」の章からもご覧いただけます。

※修理の御依頼につきましてはこちらをご参照ください