JM Ortho は美しい笑顔をサポートします

ホーム>製品情報>アーリートリートメント>3Dシステム(Wilson)とは

3Dシステム(Wilson)とは3D System (WILSON)

3Dシステムとは

3Dシステム(Wilson)は、Dr.William WilsonとDr.Robert Wilsonの考案による歴史のあるシステムです。本システムのアプライアンスはほとんどが既製品であり、リンガルアーチをはじめ、クワッドヘリックスなど多くの装置をモジュール的に揃えています。(一部ベンディングして使用するタイプもあります)
下の図のように3Dリンガルチューブを中心にして全てがリンクしていることにより、治療の進行状況によって最も適した装置に付け替えることが可能です。

3Dシステム(Wilson)

着脱可能なアプライアンス

3Dシステムでは、大臼歯バンドに溶接した専用の3Dリンガルチューブに既製品のアプライアンスのポストを挿入することで、着脱式の装置として使用することができます。
挿し込む穴の内部にある出っ張りとポスト表面の凹みが嵌合することによって、挿し込むだけで簡単には抜けないようになっています。※下の写真のように、ポストは2種類あります

嵌合について

口腔内と模型上のポストの位置がリンクする、独自のトランスファーシステム

従来の方法として、バンドを口腔内に試適した後、セメンティングしないで印象と一緒に取り外し石膏模型にトランスファーしますが、最終的にそのバンドが口腔内試適時の位置に確実にセメンティングされたかどうかが問題になります。残念ながら多くの場合ズレが生じてしまい、せっかく模型上で装置を精密に調整していても、再度口腔内で調整を加えなければならなくなります。

3Dトランスファーシステムでは、最初にバンドを口腔内にセメンティングしてしまい、3Dトランスファーインサートを介してダミーのリンガルチューブ(3Dトランスファーチューブ)で口腔内のリンガルチューブの位置を正確に模型上に再現します。これにより、模型上で作られた装置が、そのまま口腔内にセットできることになります。

チューブとインサート トランスファー


3Dリンガルアーチ

3Dリンガルアーチ

3Dリンガルアーチは、上下顎の舌側に装着される着脱可能な装置で、さまざまな治療方法に必要なアンカレッジを求めることができます。

3Dリンガルアーチについてはこちら

3Dマルチアクションマンディブラーアプライアンス

3Dマルチアクションパラタルアプライアンス

3Dリンガルアーチと指様弾線が一体となった下顎専用のアプライアンスで、クワッドアクションやバイヘリックスとも呼ばれます。エクステンダーを調整することで、治療目的に合わせた様々な使用が可能となっています。

3Dマルチアクションマンディブラーアプライアンスについてはこちら

3Dクワッドヘリックス

3Dクワッドヘリックス

3Dクワッドヘリックスは、4つのヘリカルループからなる可撤式の舌側拡大装置で、急速拡大装置を使用することなく上顎歯列を拡大することができます。
エクステンダーを調整することで、治療目的に合わせた様々な使用が可能となっています。

3Dクワッドヘリックスについてはこちら

3Dマルチアクションパラタルアプライアンス

3Dマルチアクションパラタルアプライアンス

3Dマルチアクションパラタルアプライアンスはクワッドヘリックスを簡略化した装置で、拡大量が少ない場合に有効です。ヘリカルループが無いので口蓋部の異物感が減少します。

3Dマルチアクションパラタルアプライアンスについてはこちら

3Dパラタルアプライアンス

3Dマルチアクションパラタルアプライアンス

3Dパラタルアプライアンスは、大臼歯部の側方拡大のほか、リンガルポストから遠心部に伸びるエクステンダーを屈曲することにより、第二大臼歯もコントロールします。

3Dパラタルアプライアンスについてはこちら

3Dセクショナル

3Dセクショナル

3D装置を部分的にしたもので、簡単な拡大や小臼歯の保隙、カンチレバーの固定源など工夫次第で色々な使用が可能です。

3Dセクショナルについてはこちら

3Dマルチパーパスアダプター

3Dマルチパーパスアダプター

3Dマルチパーパスアダプターは、エクステンダー部分をカットしたり様々な屈曲を加えたりすることによって、既製品にはないアプライアンスやエラスティックフックを作製することが可能です。

3Dマルチパーパスアダプターについてはこちら

3D D.Y.S.モジュール

3D D.Y.S.モジュール

3D D.Y.S モジュールは、D.Y.S.(Do-it-Yourself)の名の通り、様々な固定式あるいは可撤式装置が作製できるモジュールです。既製品にはないアプライアンスを作製し、専用のリンガルチューブに挿入して装着することが可能です。ワイヤーの途中でカットし、別のワイヤーとろう着して使用することもできます。

3D D.Y.S.モジュールについてはこちら

テクノフレックス

テクノフレックスは、矯正技工用ワイヤーに要求されるベンディングの容易さと、弾力性(形状回復性)という相反した条件を高い次元で融合させることに成功したコバルト・クロム合金ワイヤーです。3Dシステム各種のワイヤーとろう着して使用することが可能です。
サイズは0.4~1.2mmまでご用意しております。

テクノフレックスについてはこちら