JM Ortho は美しい笑顔をサポートします

ホーム>製品情報>SAMシステム>フェイスボウトランスファー

フェイスボウトランスファーAnatomic facebow



患者さんの顎間関係のシュミレーションに

正面顔      ATB390K

フェイスボウトランスファーとは、頭蓋あるいは顎関節に対する上顎歯列の3次元的位置関係を咬合器上で再現することです。咬合器に正しくマウントされた上下顎模型は診断と治療のために必要不可欠です。
SAMシステムの基準平面は「アキシスオービタル平面(AOP)」で、これはコンダイル(下顎頭)の中心点-オルビタール(眼窩点)を使用して確立された基準平面です。コンダイルの中心点はフランクフルト平面上にあるため、フランクフルト平面とほぼ同義とも言われますが、咬合器上でシュミレートするのにより適した平面を採用しています。

フェイスボウの関係

2種類のトランスファーフォークアッセンブリー

フェイスボウセットには、2種類のトランスファーフォークアッセンブリーをご用意しています。
左下のATB350Kはバイトフォークの位置決めをする際、バーディカルロッドを留めるためのT字スクリュー①とホリゾンタルバーを留める②を締める必要があります。
それに対し、右下のATB390Kはユニバーサルジョイントという人の腕のような関節構造を有しており、自由自在に位置の移動が可能な上、T字スクリュー①を1点留めるだけで全体が固定されるため非常に機能的なトランスファーフォークアッセンブリーです。

ATB

トランスファースタンド(別売)

フェイスボウによる顎間関係の採得が終わったら、次は咬合器に移し替えます。その際に専用のトランスファースタンドを下の写真の様に取り付けてマウントを行ってください。
SAM 2P、SAM 2PX、SAM 3を購入された方はATB398を、SAM SE、SAM NEOを購入された方はATB397を選んでください。スタンド

アジャスタブルナジオンリレーター(別売)

アジャスタブル      ATB304

フェイスボウキットに付属しているナジオンリレーターは、フェイスボウ上縁から鼻梁のパッドまでの長さが25mmで固定されています。小児の患者さんなどはパッドが高すぎる場合がありますが、このアジャスタブルナジオンリレーターがあればパッドの高さを変えることができますので、そういった方にも対応することができます。


商品番号は総合カタログの「SAMシステム」の章からご覧ください。