JM Ortho は美しい笑顔をサポートします

ホーム>製品情報>バイオスターシステム>TAP-T

TAP-TTAP-T

TAPT TAPT左が下顎用デバイス、右が上顎用デバイス TAPTTAP-Tリバース

睡眠時無呼吸症候群とは

睡眠時無呼吸症候群とは、喉の奧にある空気の通り道である気道の閉塞が原因で、睡眠中に10秒以上の呼吸停止が何度も起きる病気のことです。抜本的には手術が必要になってきますが、症状緩和のために色々な装置が考案されています。
TAP-Tは、Dr.Thorntonが考案したニッケルフリーのチタン製デバイスを用いた口腔内装置です。
*上顎用プロトリュージョンデバイス:チタン製
 下顎用ガイディングデバイス:ニッケルフリーのCo-Cr合金

TAP-T : Thornton Adjustable Positioner-Titanium

TAP-T は、バイオスターでデュラソフトをプレスして製作した上下顎のスプリントに、チタン製のデバイスをレジンで取り付けたものです。
下顎に取り付けたデバイスの穴に上顎用デバイスのフックを引っかけることにより、睡眠時に下顎が後退しないようにします。また、左右に下顎を少し動かすことができますので、装着時に苦しくありません。
フックの位置は専用レンチにより前後に動くようになっているので、効果の具合によって、微調整することができます。専用レンチの差し込む穴は表側についており、患者さんでも自由に調整が可能です。調節範囲は7mmです。

TAP-T Reverse

TAP-Tリバースは、調整用六角レンチを差し込む穴がTAP-Tと違って舌側側についており、六角レンチを舌側側から差し込んで調整します。
これはディープバイトやオーバージェットが大きい患者さんに使用するため、TAP-Tの位置がより口蓋の奥の方に取り付けられるようになっており、ねじ穴が表側にあると埋まってしまうため、反対側になっています。
*ねじを回す際はアプライアンスを口腔内から外して回します。

まずはスターターキットから

最初にTAP-T をお作りになる場合はスターターキットをお薦めします。
スターターキットには、上下顎デバイスの他にスプリント用プレートのデュラソフト(2.5mm)2枚、リリーフ用スペーサーのイソフォランフォイル0.1mmが2枚、微調整用六角レンチ、製作時の位置決めに便利なポジショニングデバイスの他、製作マニュアルDVD、製作マニュアル、患者さん用使用説明書などが付いています。(英語)

商品番号は総合カタログの「バイオスターシステム」の章からご覧ください。