JM Ortho は美しい笑顔をサポートします

ホーム>製品情報>バイオスターシステム>ブラックスチェッカー

ブラックスチェッカーBruxーchecker

プレート アプライアンス

睡眠時ブラキシズム

過去、ブラキシズムは歯科にとって良くないものとされ、辞めさせるべきという考え方がありましたが、今日では精神医学上、ストレスの発散の場としてなくてはならないものだという考え方に変わってきています。
では、一体どのようなブラキシズムが適切で、どのようなブラキシズムが好ましくないのでしょうか。これらを知るためには自然な形での生理咬合、特に睡眠時の生理咬合を採得する必要がありますが、2004年に神奈川歯科大学の佐藤貞雄先生らによってブラックスチェッカーが発明されたことにより、初めて生理的睡眠時ブラキシズムを採得することが可能になりました。

<関連書籍:ブラキシズムの臨床>

自然な生理的咬合を採得するために

ブラックスチェッカーは、厚さ0.1mmのシートの片面に特殊な塗装を施したものをバイオスターやミニスターで模型に加圧成形することにより、簡単に作ることができます。プレスすることにより厚さが0.1mm以下になるため、口頭干渉を起こさず、かつ患者さんの就寝中の不快感が最低限に抑えられるため自然な生理的咬合を採得することが可能です。

就寝時に装着するだけ

このシートに施されている特殊塗装は、食用色素をベースとした為害性のないものを使用しており、成型された装置(ブラックスチェッカー)を就寝時に装着しておくと、ブラキシズム等で強い咬合力が加わった所だけが剥離し、その部位やパターンが一目で分かります。
ブラックスチェッカーで評価すると、前歯・犬歯型は歯の負担の少ない良いブラキシズムで、前歯・犬歯・小臼歯・大臼歯型は顎関節への負担の大きい生体に良くないブラキシズムです。(治療法は、犬歯にレジンを添加する・矯正する・補綴する等)

アプライアンス

バイオスター・ミニスター(加圧成形タイプ)の使用の推奨理由

①色素について
ブラックスチェッカーの色素はとてもデリケートなため、色素が塗布されている面を加熱すると変色したり焦げ付いたりすることがあります。しかし、バイオスターやミニスターは、器械の構造上色素が塗布されていない面を加熱することができるため、焦げてしまうことなく装置を製作することが可能です。

②加圧力について
ブラックスチェッカーは非常に薄いプレートのため、冷めるのが非常に早く、加熱からプレスまでのスピードが大切になってきます。それを補うのがバイオスターやミニスターの加圧力(4~6bar.)です。バキュームタイプの成形器では吸引力が甘く、適切に成形できない場合があります。
また、吸引式の成型器の場合、①と②の問題だけでなく、角型のプレートしか使用できないケースがあります。ブラックスチェッカーは丸型(直径125mm)のみの取り扱いですので、重ねてご注意ください。

商品番号

・ブラックスチェッカー(10枚入) 0.1×Φ125mm
・商品番号:3209

臨床レポート

臨床レポートはこちらをご覧ください。
https://www.jmortho.co.jp/topics

その他情報は総合カタログの「バイオスターシステム」の章からご覧ください。