JM Ortho は美しい笑顔をサポートします

ホーム>製品情報>SAMシステム>SAM SE

SAM SESAM Articulator

SAM SE “スペシャルエディション”

ART615M
ART615M

SAM SE 咬合器はフレームがFRP(Fiber Reinforced Plastics:強化プラスティック)で出来ており、軽量でありながら高強度、高耐久性を持った咬合器です。デザインは人間工学に基づいており、持ちやすく取り回しのよい設計になっています。
これまでのSAM咬合器のコンセプトを崩すことなく、製造方法を見直すことにより、従来のSAM咬合器の約半分という価格を実現した咬合器です。

設定可能な矢状顆路角

矢状顆路角

矢状顆路角は15~65°の間で設定が可能です。
※他の咬合器より簡易的な作りとなっており、側方顆路角は設定できません。

矢状顆路角



コンダイラーハウジング内のエミネンスは、多くのリサーチを反映し最も平均的な弧が浅いタイプを採用しています。

エミネンス

多くのリサーチの結果を反映した側方顆路

側方顆路

側方顆路角の角度設定はできませんが、最も多くの人に対応できる形態をコンダイラーハウジング自体に持たせました。

選べるマウンティングプレートシステム

咬合器

SAM SEのマウンティングシステムは、ART615M マグネットタイプ(MPS)とART600 スクリュータイプ(ART)の2種類があります。

M S

オプション品について

トランスファーATB397 トランスファースタンドSE トランスファー

  • フェイスボウから咬合器へのトランスファーには「ATB397 トランスファースタンドSE」をご使用下さい。
  • 「ATB398 トランスファースタンドAX」をすでにお持ちの方は、互換性がありますのでSAM SEにも使用可能です。
  • ASP510K アキシオスプリットシステムは基本的には使用できません。
    (模型弓の幅が広く、最終ステップのレジンの流し込みがしづらいため・レジンと模型弓がくっついてしまうため)

商品番号は総合カタログの「SAMシステム」の章からご覧ください。