JM Ortho は美しい笑顔をサポートします

ホーム>製品情報>バイオスターシステム>バイオプラスト分離材

バイオプラスト分離材BIOPLAST INSULATING AGENT

分離材 分離材使用例

バイオプラスト専用分離材

バイオプラスト専用の分離剤で、プレスする前に模型に塗布しておくと、滑沢で透明度の高い製作物を作ることができます。

分離材使用例

手順

①石膏模型に張り付いて欲しくない部分(外形線の少し外側)のみに分離材を塗布します。

  • 加圧力をかけるときに模型の微細な気孔からエアーが抜けるようになっていますので、分離材を全体に塗布するとエアーの抜け道を塞いでしまいます。
  • 分離材は何度か塗り足しをすると効果的です。
  • 模型の歯間などの深い溝に溜まった分離材は軽く吹き飛ばしておいてください。
②模型が分離材で湿っている間にプレートの加熱を開始します。
  • 模型の湿りによって焼き付きを防ぐ相乗効果があります。
  • 分離材を塗布している間にバイオプラストの加熱を始めると待ち時間時間短縮になります。
③加熱が終わったらプレートを模型にプレスします。

ご注意

バイオスターのモデルプラットフォーム(模型を置く部分)上で塗布すると、モデルプラットフォームが目詰まりし、エアーが下に抜けにくくなります。分離材が着かないようにするか、手に持って塗布してください。

商品番号は総合カタログの「バイオスターシステム」の章からご覧ください。