JM Ortho は美しい笑顔をサポートします

ホーム>製品情報>バイオスターシステム>ジョージゲージ

ジョージゲージGEORGE GAUGE

ジョージ 現行品 ※現行品は持ち手がホワイトに変更になりました ノッチ バイト挙上量

構成咬合位採得装置

ジョージゲージは、矯正医であるDr. Peter T. Georgeによって開発された構成咬合位採得装置です。従来、矯正医の推測や目測で咬合採得がなされてきましたが、そのプロセスを廃し、客観的な計測による咬合採得を可能にしました。

構成咬合位

構成咬合位は、矯正装置を装着した時に口腔周囲筋の機能力が発揮されるように誘導した位置のことです。 正確な咬合採得は、効果的な機能的矯正装置の製作において最も重要なことです。ジョージゲージは実際の患者様から採得した理想的な咬合位を計測し、模型に反映させるのに役立つ補助器具です。

  • 垂直的位置:前歯部では上下顎切歯間距離が1~2mm、あるいは上下顎の臼歯間距離が3~4mmになるよう開口させます。
  • 前後的位置:上顎前突症例では下顎を前方誘導し、臼歯関係がアングル1級に近づくこと、または中心咬合位から最大下顎突出量の50%~75%の間が適切と言われています。下顎前突症例では下顎を可能な限り後方へ誘導した位置とします。
  • 側方的位置:上下顎歯列弓の正中を合わせます。歯列の正中が顎骨に対してずれているときは、上下顎骨の正中に合わせます。
使用例

特長

  • 後方-15mm~前方15mmの30mm可動のため、大半の症例をカバーできます。
  • 計測器本体(ゲージ部)はオートクレーブなどの滅菌が可能です。
  • 開口量は2mmと5mm(5mmは咬頭干渉が強い方向け)をお選びいただけます。
  • アーチ形状はノーマルサイズ、Lサイズの2種類です。寸法は添付文書をご覧ください。
  • 前歯部叢生の場合、バイトフォークのV字部分を軽く削ることで適合可能です。

商品番号は総合カタログの「バイオスターシステム」の章からご覧ください。