JM Ortho は美しい笑顔をサポートします

ホーム>製品情報>バイオスターシステム>バイオプラスト

バイオプラストBIOPLAST




マウスガード、ポジショナー用シート

バイオプラスト

バイオプラストはマウスガードやポジショナーなど、弾力性を必要とする装置に使用できるEVA(エチレンビニールアセテート)素材のプレートです。バイオプラスト同士の加熱・軟化により合着することが出来ますので、上下顎模型に作ったスプリントを貼り合わせてポジショナーにしたり、重ねてラミネートタイプのマウスガードを製作することができます。(バイオプラスト同士はプライマー不要です)

マウスガード

単色カラーバリエーション

カラー

透明のシートは、1.0mm、1.5mm、2mm、3mm、4mm、5mmと厚さは6種類あります。
単色のカラーは左のように7色のラインナップです(厚みは3㎜のみ)。透明+9色で10種類1組にしたカラーセットもあります(全て3mm厚)。
カラーシートを圧接した後ステッカーを貼り、上からクリアーのシートを圧接すればオリジナルマウスガードの出来上がりです。

マウスガード

マルチカラーバリエーション

マルチ

単色カラーの他に、左下図のようにストライプ状に色を組み合わせたものや、ドッドになったものを10種類ご用意しております。患者さんの好みに応じておしゃれなマウスガードを製作することができます。

<<下記種類は販売中止とさせていただきます>>
在庫限りで販売中止:ブラジル
販売中止:トランシルバニア/ホワイトドット/グリーンドット

バイオプラスト用分離材

バイオプラスト分離材

バイオプラスト専用の分離材で、プレスする前に模型に塗布しておくと、滑沢で透明度の高い製作物を作ることができます。
バイオプラスト用分離材

分離材使用例

辺縁の研磨について

バー各種

① プレス後、金冠ばさみやホットナイフなどで大まかに切り出します。
② バイオパームトリマー(ブルー)を用いて、形態修正を行います。
③ ディモプロ(オレンジ)でバリや凹凸を整えます。
④ OSAMUポリッシャー(グレー)で辺縁を滑らかに研磨します。
⑤ 最後に、必要に応じてフィニッシングリキッドを染み込ませた綿棒等で強く擦って艶出しをします。
※フィニッシングリキッド使用直後は柑橘系の香りが残りますので、半日~1日ほどおいてから装着するようにしてください。

表面の写真

フィニッシングリキッド

フィニッシング

辺縁の最終仕上げ用のリキッドです。
フィニッシングリキッドについて

擦った後の写真

ブロックアウトについて

ブルーブロッカー

部分的にブロックアウトしたい場合は、光重合レジンのブルーブロッカーをご利用ください。(ワックスやシルキットなどは張り付いてしまうことがあります)

商品番号は総合カタログの「バイオスターシステム」の章からご覧ください。