JM Ortho は美しい笑顔をサポートします

ホーム>製品情報>バイオスターシステム>デュラン・デュランプラス

デュラン・デュランプラスDuran



ポリエステル製の弾力性のあるシート

デュラン

デュランはポリエステル製のプレートです。ポリエステルは別名ポリエチレンテレフタレート(PET)と呼ばれ、ペットボトルが代表的な製品として知られていますが、本製品はメディカルグレードのPET-G素材を使用しています。高強度で弾力性があり、かつ高い透明性を持っていることが特長です。

様々な使用用途

アライナー

その弾力性と強度を活かしてクリアリテーナーとして使用されることが多いプレートですが、スプリント、床装置、いびき防止装置など、広範囲に使用可能です。
即時重合レジンが着きますので、デュランでスプリントベースを製作し、その上に即時重合レジンを盛って咬合面を調整することなども可能です。
※即時重合レジンの重合収縮による変形にはご注意下さい。

吸湿防止のためのアルミバック入りデュラン

プレートデュラン・イソフォランフォイル
各20枚入

デュランは通常乾燥不要ですが、日本のような湿度の高い環境では保管中に湿気を帯びてしまい、加熱時に気泡が出ることがあります。吸湿対策として、「デュラン アルミバッグ 20枚入」をご用意いたしました。プレートを使用した後は、必ずチャックを閉じるようにしてください。
同封されているイソフォランフォイルは、デュランを模型にプレスする前に必要に応じてご使用ください。 <イソフォランフォイルについてはこちら>

※デュランを成形器で温めると気泡が出る場合について

薄いシート付のデュランプラス

プラス

デュランプラスは、デュランの片面にあらかじめ0.05mmのポリエチレン(PE)フィルムが貼ってあるタイプです。このフィルムを付けたままプレスし、アプライアンス製作後に剥がすことで綺麗な仕上がりになります。
薄いフィルムが模型に触れるサイド(粘膜接触面)に来るようにすると効果的です。
PEフィルムが不要な場合、PEフィルムを爪やピンセットで引っ搔いて剥がしてからご使用ください。

剥がしたところ

形態修正やバリ取り方法

ディモプロ・カッテイングディモプロ

0.75mm以下の比較的薄いプレートは金冠ばさみなどでカットし、ディモプロ(オレンジのスポンジホイール)でバリを落とす方法が最適です。
それ以上の厚みのあるプレートに関しては、超音波カッターや、HM-カーバイドカッター(イエロー)やHM-トライカッターファイン(グリーン)を使用してざっくりと切り出し、大きなバリや形態修正は一般的なレジン用等のカーバイドバーで、最後にディモプロ(オレンジ)で辺縁のざらつきを処理する方法がおすすめです。
※素材の特性上、艶は出せません


商品番号は総合カタログの「バイオスター」の章からご覧ください。