JM Ortho は美しい笑顔をサポートします

ホーム>書籍案内>JOP>JOP 2017年5月号

JOP/矯正臨床ジャーナル 2017年5月号

JOP/矯正臨床ジャーナル 2017年5月号 JOP/矯正臨床ジャーナル 2017年5月号 JOP/矯正臨床ジャーナル 2017年5月号

今月のファイル

110回歯科国試-合格率65.0% やや上向き、”2強”続

Topics

  • ・医療機関のHP広告、規制の対象に、虚偽・誇大禁じ違反に罰則
  • ・医療事故報告3,882件で過去最多-評価機構が発表
  • ・親の喫煙が子の肥満に影響、関連性を裏付け
  •  ほか
  • Clinical Report

    ・上顎永久犬歯の萌出異常に対し、犬歯を直接牽引せず萌出誘導した3症例
    -乳犬歯の抜歯と歯小嚢の骨壁を掻把して
    府川彰久(フカワ矯正歯科)

    Clinical Course

    ・よく分かる早期矯正治療 - 3
    発育と不正咬合の発症機序、その対応
    黒江和斗(矯正歯科くろえクリニック)

    Clinical Report

    ・最適な治療ゴールのために―9
    一般歯科治療における矯正歯科治療の重要性
    榊原陽一郎(さかきばら歯科医院)

    Modern Orthodontics

    ・インビザラインの臨床-そのシステムと治療の実際 - 15
    アライナー矯正治療のリカバリー(1)
    尾島賢治 壇 知里 渡辺仁資 (スマイルイノベーション矯正歯科)

    Healing Meal

    ・矯正治療のための歯科治癒食-2
    アライナー矯正治療のリカバリー(1)
    清水百合(日本健康医療学会常任幹事・食育委員会委員長)

    Contribution

    ・Hans Peter Bimler 生誕100年
    激動の時代を生きた矯正医の業績を偲ぶ
    著:Prof. Barbara Bimler (University of Havana Medical School, Cuba)
    訳:SLA・Bimler研究会

    Congress Report

    ・第44回日本臨床矯正歯科医会大会 千葉大会レポート