JM Ortho は美しい笑顔をサポートします

ホーム>書籍案内>JOP>JOP 2018年7月号

JOP/矯正臨床ジャーナル 2018年7月号

JOP/矯正臨床ジャーナル 2018年7月号 JOP/矯正臨床ジャーナル 2018年7月号 JOP/矯正臨床ジャーナル 2018年7月号

今月のファイル

医療の相談微増も、苦情は1割減 医療行為・内容や情報収集で4割強

Topics

  • ・医療データ利活用の「情報基本法」の制定へ、総合政策の研究会発足
  • ・歯科医院の倒産、2017年度は倍増20件、23年ぶり大台 - 東京商工リサーチ調べ
  • ・外国人の不正受療、公的保険で自己負担安く - 厚労省が実態調査
  • ・痛み関連7学会が「慢性疼痛治療ガイドライン」、有用性高い治療法を集約
  •  ほか

Clinical Course

・よくわかる早期矯正治療 - 9
総合診断と治療計画
黒江和斗(矯正歯科くろえクリニック)

Multiple Treatment

・北園郷中「矯正歯科を中心とした包括的歯科医療」- 3
CRポジションでの矯正治療ゴール設定の必要性 - 抜歯部位の慎重な決定法
北園俊司(きたぞの矯正歯科)

Clinical Answer

・矯正歯科臨床:この人に聞く - 3
Part3 Surgery Firstのこれから - より多くの患者利益をもたらす切り札
尾島賢治、檀 知里、渡辺仁資 菅原準二(仙台青葉クリニック)

Modern Orthodontics

・インビザラインの臨床 -そのシステムと治療の実際- 20
インビザラインの可能性 - 小学校高学年~中学生の患者でアライナー型矯正治療が 有効な理由
尾島賢治、檀 知里、渡辺仁資(スマイルイノベーション矯正歯科)

Internet Interview

・世界の矯正歯科医とのインターネットインタビュー - 17
ベネズエラ出身、日本留学を経てコロンビアで教授として活躍、
Rodrigo del Pozo先生
Rodrigo Iván del Pozo Ayabaca(コロンビア大学歯学部歯科矯正学講座教授)
丹根一夫(広島大学名誉教授・客員教授/APOS前会長)