JM Ortho は美しい笑顔をサポートします

ホーム>書籍案内>発達期の予防的咬合治療

発達期の予防的咬合治療咬合育成の新しい概念!正常な顎顔面発育の為の支援と処置佐藤貞雄、Gerd Richert、白数明義、進士久明、常磐修、檜山雄彦、Mukus Greven

発達期の予防的咬合治療

包括的歯科医療

包括的歯科医療の流れを背景に、小児歯科学と歯科矯正学講座の統合が進められ、小児歯科における咬合誘導と予防矯正を中心とする矯正治療の概念は一致していく方向にある。小児の正常な顎顔面の発育を管理していくためには、頭蓋顎顔面の発達メカニズムに精通し、必要な時期に、必要な支援、処置を行わなければならない。

本書は、小児歯科、矯正のみならず、全ての歯科医師が包括的歯科医療の一環として、発達期にある小児の咬合治療にどう関わっていくべきかを体系的に提示している。

第I部 顎顔面異形成の本質

第II部 診断と治療方針、治療の進め方

第III部 外科的治療


第IV部 治療の実際

第V部 顎顔面異形成の治療;結果と特に考察すべきこと

  • ◎A4判変形
  • ◎フルカラー
  • ◎178ページ
  • ◎商品番号:TORIN33